<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 30日

次から次へと

お掃除、やり始めると限がない。
いつも途中で、あ~やらなきゃよかったぁーなんて。
普段目をつぶっているところは、やはり気になるからね。
カメラを持って出かけたい気持ちを抑え、昼になった。
まだ行けるかも、なんて微かな期待をしつつ時間は過ぎていく。
これだけ電化されても、主婦の仕事ってマジメにやると大変だと思う。
いつもそこそこの仕事しかしてないからね。
買い物、銀行、etc.・・・用事が次から次へと頭に浮かぶ。
撮影に行こうなんて思った私が甘かった(涙)

そんなわけで、今日は以前の写真を再現像してみました。

e0117969_064275.jpg
e0117969_07936.jpg
e0117969_073029.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-30 00:09 | スナップ
2008年 12月 28日

水面

いつもの川の橋の上で、ずっと水面を見ていた。
風と水の作り出す色と波紋が美しかった。

e0117969_0433665.jpg
e0117969_0435275.jpg
e0117969_045278.jpg
e0117969_0452118.jpg
e0117969_045285.jpg
e0117969_0453428.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-28 00:47 | 風景
2008年 12月 25日

Merry Christmas♪♪

世の中、不況の嵐が吹いています。
年の瀬に職をなくした人・・・
日本の行く先はいったい・・・
などなど考えると不安になってしまいますね。
クリスマスイブの街も心なしか元気がないみたい。
だからって、それに呑み込まれないように、元気に過ごしましょう。

e0117969_7135292.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-25 07:15 | 夕景・夜景
2008年 12月 24日

ラッキー~~

実は柿色が大好きです。
今年は干し柿も見に行かなかったし(涙)
それが、今年も終わろうとしている今、近くでこんなにりっぱな柿に出会うとは。
たぶん渋柿なんだろうね。
熟して甘くなったのだろうか、鳥が来て啄ばんでいたよ。

e0117969_1495879.jpg
e0117969_1501655.jpg
e0117969_1505756.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-24 01:51 | 風景
2008年 12月 22日

シャッタースピード

手持ちでは厳しい時間帯です。
もともとISOを上げることに抵抗があるというか、かえって下げたいくらいで。
SSも遅いくらいの方が好きで。
それには三脚が必須でして・・・
なのに持っていかない私って。

昨日の撮り歩き

e0117969_2344283.jpg

e0117969_2345182.jpg
e0117969_2351580.jpg
e0117969_2354058.jpg
e0117969_236378.jpg
e0117969_2361613.jpg
e0117969_2364472.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-22 23:27 | 夕景・夜景
2008年 12月 22日

蜷川実花の世界

蜷川実花展を見てきました。
花も風景も人も被写体すべてを素材とし、彼女の世界を創っていく。
感じるがままに写真を通してそれを表現している。
見終わって自分が写真を撮るという呪縛から自由になれた気がした。

だからといって、写真が一変することはありません(笑)

まだきれいな落ち葉がありました。
e0117969_0191380.jpg


シンプルなイルミ
三脚がほしかったぁ~
e0117969_0203319.jpg
e0117969_021757.jpg
e0117969_0212414.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-22 00:37 | 夕景・夜景
2008年 12月 20日

つぶらな瞳

キィー、クゥーちゃんが家に来て早2ヶ月経ちました。
クゥーちゃんは2週間くらいお兄ちゃんのキィーちゃんの後ろをいつもついて回っています。
キィーちゃんのすることを何でも真似します。
上下関係が出来たようで、あんなにヤンチャだと思っていたクゥーちゃんが最近では大人しいのです。
それをいいことにキィーちゃんは我がもの顔。
クゥーちゃんのかごが気に入ったらしく、出たり入ったり。
ブランコに乗って遊び、餌まで失敬して。
これにはさすがのクゥーちゃんも怒りを表すのですが知らん顔。
二羽の性格が徐々に表れてきたようです。
それでも、お互いの姿が見えないと呼び合うふたりです。

e0117969_23412599.jpg
e0117969_23415917.jpg
e0117969_23434533.jpg
e0117969_23435871.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-20 23:46 | キィーちゃんクゥーちゃん
2008年 12月 10日

落ち葉のころ

今日も暖かな一日でした。
風が吹くとハラハラと散る銀杏の葉、季節はまた一歩進んだようです。

e0117969_23231262.jpg
e0117969_23235641.jpg
e0117969_23242837.jpg
e0117969_23263087.jpg
e0117969_23271412.jpg
e0117969_23272242.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-10 23:37 | 風景
2008年 12月 08日

刻一刻と

晴天の日曜日、近くまで行ったので久しぶりにシビックセンターに寄ってみた。
みなさんご存知のように、都内から富士山の見えるスポットです。
いつものアングルから見ると何だか少し様子が違っている。
あのカッコのよいNTTドコモビルが上の方しか見えない。
前にビルが建ったのだ。
都庁の手前にも東京モード学園のコクーンタワーが。
そうかぁ~ずいぶん長いこと来ていなかったのだなぁ~
今のところ富士山は以前と同じように見えているが、そのうち見えなくなるのだろうか。
そんなことを思いながら、刻一刻と日が落ちていく様を見ていた。

e0117969_22243633.jpg
e0117969_2225125.jpg
e0117969_22253781.jpg
e0117969_22254712.jpg
e0117969_2227391.jpg
e0117969_22273620.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-08 22:29 | 夕景・夜景
2008年 12月 06日

学生時代♪

  つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日
  夢多かりしあのころの 思い出をたどれば
  なつかしい友の顔が ひとりひとり浮かぶ
  重いカバンを抱えて通ったあの道
  秋の日の図書館の ノートとインクのにおい
  枯葉の散る窓辺 学生時代

  賛美歌をうたいながら 清い死を夢みた
  何のよそおいもせずに 口数も少なく
  胸の中に秘めていた 恋へのあこがれは
  いつもはかなくやぶれて一人書いた日記
  本棚に目をやれば あのころ読んだ小説
  過ぎし日よわたしの 学生時代

  ローソクの灯に輝く 十字架をみつめて
  白い指をくみながら うつむいていた友
  その美しい横顔 姉のように慕い
  いつまでも変らずにと 願った幸せ
  テニスコート キャンプファイヤー
  なつかしい日々は帰らず
  すばらしいあのころ 学生時代


キャンパスライフ、いいなぁ~
この歌のように過ぎ去りし思い出だ。
写真を撮りながら、少しだけ学生に戻った気がした。

e0117969_23101421.jpg

e0117969_23104128.jpg
e0117969_2311515.jpg
e0117969_23112486.jpg
e0117969_2311501.jpg
e0117969_23121261.jpg
e0117969_23122983.jpg
e0117969_231344.jpg

e0117969_23162592.jpg

[PR]

by photo_again | 2008-12-06 23:16 | 風景